スキンケアで予防しよう | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん予防

スキンケアで予防しよう

じんましんやアトピーの症状を未然に防ぐには、毎日のきちんとしたスキンケアや食生活など、注意が必要です。皮膚の疾患は、とくに冬の乾燥した時期に起こりやすく、そのおもな原因は、皮膚の乾燥です。

生まれたばかりの赤ちゃんのお肌は水分がたっぷりでみずみずしいのに、年をとるとしわが増えていくのは、体内の水分や脂分が失われていくからです。年をとると、老人特有の皮膚のかゆみ症状が出ますが、皮膚の乾燥がその原因です。

日々の生活の中では、乾燥肌を予防する工夫が大切で、とくに入浴や洗顔の温度に十分配慮する必要があります。冬の寒い時期でも、温水で洗顔するのは避けたほうがいいでしょう。温水で顔をあらうと、本来顔の皮膚に必要な水分や脂分までがそぎ落とされてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因となります。少しぬるめで 36〜38度ぐらいまでならいいでしょう。

入浴で体を洗うときは、あまり強く体をこすると、皮膚に必要な水分や脂分まで落ちてしまい、皮膚の疾患の原因にもなります。お風呂のお湯は、夏は38度程度、冬は40度ぐらいが適温で、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにします。体内が温められて、体内の毒素が排出されやすくなります。

スキンケアは、自分のお肌の質によく合うものを選びましょう。化粧品を購入する前に、指定成分などをよく確認して、添加物の多いものや刺激の強いものを避けましょう。洗顔後は、必ず、化粧水と乳液、美容液などをつけて、入浴後はボディローションやクリームなどを塗って、乾燥を防ぐことができます。

◎じんましん予防のチェックポイント>





ここだけは押さえよう!じんましん予防のチェックポイント

・どんな種類がある?
じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類・・・続きを読む

・子供のじんましんと免疫力
子どもは、よく熱を出したり、はしかや水ぼうそう、おたふくかぜなど、近年は、これまでにはみられなかったりんご病や手足口病など、さまざまな病気にかかる子どもが増えて、幼稚園や保・・・続きを読む

・体質改善による治療
じんましんの中では一番症例が多いのがアレルギー性のじんましんになります。アレルギーを起こす食品や原因などが特定された場合、じんましんが起こらないようにするためにはどのよ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.