治療方法のご紹介 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん治療法

治療方法のご紹介

じんましんはできるだけ起こってほしくない症状ですが、 もしも起こってしまったら、治療をして対処するしかあり ません。早めに治療することで、症状を早く抑えることができますので、じんましんになってしまったら、できるだけ 早く治療するようにしましょう。

じんましんの治療として一般的なのは、抗ヒスタミン剤を 飲む、という方法です。じんましんには原因がいろいろあり なかなか特定まで至らない場合もありますが、原因がどう であっても、さまざまな症状に対して抗ヒスタミン剤を使い ますので、まずは症状の緩和のために薬を早めに飲むよう にしましょう。

もちろん、これは対処療法になります。出ている湿疹など の状況を緩和するための薬です。ですから、症状を一時的 に抑えても、原因になる刺激に触れれば、またじんましん が出てしまうこともあります。ただし、長期的にこの薬を 飲み続けることで、発症の頻度は抑えられる場合もあります ので、医師に相談しながらどの程度の期間、どの程度の量を 服用したらいいのかを決めていくようにしましょう。

急性で起こったじんましんでは数日程度の短期間の治療に なることがほとんどです。ただし、慢性的に起こっている じんましんの場合には、同じ薬の投与が数ヶ月から数年にわたる場合もあります。

いずれにしても、できるだけ じんましんの原因を特定し、なぜじんましんが起こって いるのかを解明する必要があります。繰り返して起こるじんましんには、対処療法とともに、原因の特定を目指して治療をするようにしましょう。

◎じんましん予防のチェックポイント>





ここだけは押さえよう!じんましん予防のチェックポイント

・どんな種類がある?
じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類・・・続きを読む

・子供のじんましんと免疫力
子どもは、よく熱を出したり、はしかや水ぼうそう、おたふくかぜなど、近年は、これまでにはみられなかったりんご病や手足口病など、さまざまな病気にかかる子どもが増えて、幼稚園や保・・・続きを読む

・体質改善による治療
じんましんの中では一番症例が多いのがアレルギー性のじんましんになります。アレルギーを起こす食品や原因などが特定された場合、じんましんが起こらないようにするためにはどのよ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.