じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん(蕁麻疹)の原因・治療法・症状、ストレスとの関係や子供(赤ちゃん)の症状,寒冷じんましん、コリン性じんましんなどについて解説しています。民間療法や予防法も!


■じんましん(蕁麻疹)に悩む人が増えています

ここ数年でじんましん(蕁麻疹)に悩む人の数が年々増えているそうです。そんな現代的な疾患の一つである、じんましんとは一体どういう物でしょう?じんましんとは、実は特定の病気を指すのではなく、色々な原因によって起こる症状の『総称』なのです。アナタもじんましんでお悩みなら当サイトの解説でじんましんについて、しっかり学び予防しましょう!

まず、じんましんという状態は、皮膚の表面に近い部分に様々な湿疹が出て、強い痒みを伴う症状のことです。チクチクするときもあれば、熱を持ってしまうときもあります。たいていは、皮膚に湿疹の症状が出てから、数時間程度で次第になくなることがほとんどですが、ケースによっては、この症状を繰り返してしまう事も。じんましんが出やすい部分は皮膚の柔らかい部分とされていますが、全身に広がるように出てくるケースなど様々なものがあります。

また、ポツポツとした湿疹とは限らず、小さな湿疹同士が組み合わさって大きな楕円状に広がっていくような症状、または楕円だけではなく、線のようにつながって広がる場合もあります。ですから、強い痒みを伴う湿疹が出て、それがつながって大きく範囲を広げていくようになったときは、じんましんを疑ったほうがいいでしょう。症状が強く出れば出るほど、全身に湿疹の範囲を広げていく場合が多いようです。また、中には強烈な痒みと熱を伴う物もあります。また、

しじんましんには急性だけではなく、だらだらと症状が続く慢性のじんましんもありますので注意しましょう。他の原因による湿疹は、数時間たった後の症状や皮膚の状態などがじんましんとは異なってくるので、治療法もしっかりと変えるようにしましょう。表面がかさかさする時などは蕁麻疹以外の別の病気を疑うべきでしょう。

このように、一言で『じんましん』と言っても実に様々な症状があるのが分かります。素人判断は難しいので、当サイトを参考にしながらも病院での検査を受けたり、予防や治療をしながらかゆ〜いじんましんへの対策をしていきましょう!


じんましんの原因物質と言われるヒスタミンとは一体何でしょうか。詳しく解説していきます。
「心因性じんましん」という、とストレスと深い関係にあるじんましんがあります。
人によって妊娠中の安定期から妊娠後期にかけ赤い湿疹のじんましんが出ることがあります。
ヒスタミンとは ストレスから? 妊娠中の発症は


皮膚病関連サイト


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.